BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 光フェイシャルはIPL(インテンスパルスライト)という特殊なフラッシュを使った美容法です。
光フェイシャルとは

光フェイシャルはIPL(インテンスパルスライト)という特殊なフラッシュを使った美容法です。

光フェイシャルでは顔全体にこのフラッシュを照射する施術を行います。

IPLには500mm~1,200nmという広い波長の光が含まれていて、肌にさまざまな形で働きかけます。

メラニン色素に反応する性質があることから、シミの改善・予防効果がありますし、

コラーゲンの生成などに関わる肌の線維芽細胞を活性化させる効果があります。

肌のターンオーバーが正常化し、シミやシワ、毛穴の開き、赤ら顔といったトラブルが

肌の内側から自然に解消されていきます。

お肌のお悩みは、シミやシワなど複数の肌悩みを抱えている人も多いのではないのでしょうか。

光フェイシャルは、さまざまな肌悩みに一度に対応できます。

肌の細胞を元気にし、美しい素肌に導いてくれる施術です。

♦光にそんなパワーがあるの?

光にはさまざまなものがあり、それぞれ波長が異なります。

それらの光を私たちの肌に照射した時、波長によって私たちの肌にはさまざまな変化が起こります。

光にそんなパワーがあるの?と思いますが、太陽の光を浴びた時、遠赤外線ヒーターにあたった時、

私たちは温かさを感じたり、何らかのエネルギーの存在を確かに感じることが出来ますよね。

そんな光エネルギーをうまく使って、肌のトラブルを改善しようというのが光フェイシャルの考え方です。

使用される光の波長によって狙い通りの効果を得るのが、光フェイシャルの技術になります。

光フェイシャル(フォトフェイシャル)で使用されるIPLという光は、

従来のレーザーと治療とも全く違い、波長の幅が広い特殊な光で、

肌にもやさしく、さまざまな肌トラブルを同時に改善できることが魅力です。

♦光フェイシャルの効果は?

光フェイシャルで期待される効果は主に肌トラブルの改善や肌質改善です。

効果の現れ方は人それぞれですが、次のような効果が期待できるといわれています。

  • 肌の内部に光で刺激を与え、肌質を改善する
  • 肌のコラーゲン生成能力を高める
  • 色素沈着などのトラブルの元を改善する
  • しみやくすみを薄くする
  • 毛穴の開きが目立たなくなる
  • たるみ・シワが目立たなくなる
  • 肌の乾燥を防ぐ肌の内側の土台を作る
  • 赤みやツヤの衰え、赤ら顔を改善する
  • ニキビ・ニキビ跡の改善が期待できる

♦光フェイシャルは、脱毛にも効果ある?

光フェイシャルで使われるIPLには、ある程度の脱毛効果が期待できます。

そもそも光脱毛という脱毛施術は、IPLの持つ脱毛効果に注目して開発されたものです。

美肌目的で光フェイシャルの施術を行っていたところ、たまたま脱毛効果があることが発見されたのです。

光フェイシャルの施術でも、ある程度顔の産毛を薄くする効果は期待できます。

逆に脱毛メニューにも美肌効果はあります。

しかし、脱毛で使うフラッシュと光フェイシャルで使うフラッシュは性質が微妙に異なります。

光の波長によって得られる効果が変わるため、それぞれの目的に合わせてマシンが設計されているからです。

それによって得意分野にも違いが出てきます。

顔脱毛を優先させたい人は光脱毛

美肌効果を優先させたい人は光フェイシャル

選択はしっかりしたほうが効率的といえるでしょう。

♦光フェイシャルは脱毛のような痛みはあるの?

光フェイシャルで使うIPLは光脱毛の施術でも使われているものです。

光脱毛の中でもIPL脱毛と呼ばれる方式がIPLを使った脱毛施術になります。

IPLは肌のメラニン色素に反応するときに「輪ゴムで肌を弾いたような痛み」が出るといわれます。

痛みの感じ方には個人差がありますが、色素が濃い場所などでは痛みが強く出る傾向があるようです。

また、産毛が生えていると毛の中のメラニン色素にフラッシュが反応してしまいます。

痛みを絶対感じたくない!という方は、施術前に産毛を処理しておくこともおすすめです。

基本的には肌への負担も少なく、光脱毛と同じように痛みも出づらい施術といわれています。

痛みに弱い人でも受けやすい施術です。

♦光フェイシャルは脱毛後のようなアフターケアが必要になるの?

使っているマシンの仕組みが似ているだけに、光フェイシャルの施術後は光脱毛と同じようなアフターケアが必要になります。

施術後は、自宅に帰ってからも保湿ケアを怠らないようにしましょう。

また、日焼けにも注意が必要です。肌が敏感になっているので、無防備な状態で紫外線を浴びてしまうと悪い影響を強く受けることになります。

普段使い慣れた日焼け止めをこまめに塗る、UVカット帽子や日傘を使うといった対策で紫外線をカットしましょう。

さらに、肌に負担をかけないように、肌の調子が落ち着くまでは摩擦やハードなお手入れなども避けることをおすすめします。

サロンでは効果の持続と、肌質向上のためのホームケアアドバイスも施術とあわせて行います。

よくやってしまうこと⁉は、施術後のお肌に感動し、いつもはやらない、むしろ過剰気味⁉なお手入れをすることです。もちろんこれらはNGですね。 気になることがございましたら、どんなことでもお話しください。

施術の効果を無意味にしないためにも、しっかりとアフターケアを行うことは大切です。

♦おススメ施術期間!

光フェイシャルはターンオーバーのサイクルを改善することで、素肌本来の美しさを取り戻します。

通常6回程度のトリートメントを繰り返すことで、すべての細胞が生まれ変わり改善すると言われています。

トリートメントは2~3週間に一度のペースでお越しいただきますので、

1クール(6回)で3ヶ月位を目安にお考えください。

通常3週間~1ヶ月に1回照射します。6回ほど継続していただくことをオススメします!!

関連記事